群馬県観光案内所









レジャー施設・遊園地


■富岡製糸場
明治5年(1872)、明治政府が群馬県富岡市に設置した製糸場。フランス人技師ポール・ブリューナの指導により建設された。明治国家を支えた生糸の生産を近代化するための日本で最初の模範工場であり、非西欧圏に現存する最古・最大の民族資本による工場である。有名なレンガ建築は、江戸の建築技術にも通じる「木骨煉瓦造り」であり、屋根は瓦葺きの大建築である。上毛カルタにも「日本で最初の富岡製糸」とうたわれている。日本の近代産業のリーダー、シンボルとして130余年歩んできた歴史的文化遺産である。平成19年1月にユネスコ世界遺産の国暫定リストに登載されました。

□所在地 富岡市富岡1番地1
□問い合わせ 0274-64-0005(富岡製糸場管理事務所)
□開館時間休日料金(団体割引) 9:00〜17:00・大人500円・高大学生250円・小中学生150円
□団体見学の予約 必要
□交通 ・電車の場合
東京駅〜高崎駅(上越・長野新幹線)1時間
高崎駅で上信電鉄に乗換え(30分)
上州富岡駅下車、徒歩10分
・車の場合
上信越自動車道富岡I.C下車
□駐車場・料金 周辺の有料駐車場
□見学時間 9:00〜17:00(12:00〜13:00は除く)
□見学内容および注意事項 団体の場合は、事前に申込み必要。工場内部の見学は不可、外観見学のみ。
□定休日 月曜日、年末年始



back to main