群馬県観光案内所









温泉・温泉施設


■磯部温泉
誰もが知っている温泉記号の発祥地でもある磯部温泉は、碓氷川沿いにあり、弘化4(1847)年の善光寺自身の影響で噴出したのが始まりという話が伝わっています。天明3年の浅間山の大噴火により湧出量を増したといわれています。磯部温泉の湯に含まれる化学成分量は群馬県一で、入浴による効能がとても期待できる温泉といえるでしょう。平成15年には温泉街に「足湯」施設も完成し、毎日多くの利用者で賑わっています。市営の日帰り入浴施設「恵みの湯」には、砂塩風呂(別料金)があり、とても癒されると女性に大人気です。磯部せんべいはぜひお土産にしたいものです。

□所在地 安中市磯部
□問い合わせ 027-385-6555(安中市観光協会)
□地図 所在地周辺地図はこちら
□交通 JR信越線磯部駅〜徒歩5分
上信越自動車道松井田妙義IC〜国道18号を通り10分
□泉質 含銅・鉄(?)−ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩強塩温泉(中性高張性高温泉)
□効用 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・月経障害・きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病



back to main