群馬県観光案内所









湖沼・ダム湖


■覚満淵
覚満淵は、大沼の南東約700mのところにある、かつては大沼の一部であった周囲800mほどの小さな湖沼です。ハイキングコースは徒歩約30分。四季の見どころは、新緑5月下旬・ワカサギ釣り9月より・レンゲツツジ6月中旬・紅葉10月中旬です。赤城山の頂きにある貴重な湿原は、ミズバショウや希少な高山植物が自生し、「小さな尾瀬」とも言われています。沼の北東側部分を中心に湿原が発達しており、湿原は緩やかな斜面に形成されています。(最大3mほどの泥炭層が堆積し、湿原周辺に向けて泥炭層は次第に薄くなり、泥炭の堆積が無くなるにつれて、ススキ草原からズミなどが優先する低木林に変わります。中間湿原植生が広い面積を占めるが、北東側の沼の中に高層湿原植生が見られます。)

□所在地 勢多郡富士見村赤城山大洞
□問い合わせ 027-288-2211(富士見村観光協会)
□標高(m) 1360
□天然・人造の別 天然
□ポート 無
□遊覧 無
□船カヌー 無
□交通 関越自動車道前橋IC〜車60分
□内容 トイレ有(県立赤城高原ビジターセンター)身障者専用有
歩道や木道などが整備されていた湿原内は立ち入り禁止です。



back to main